コンテスト概要

女性の家
アフリカの男女平等を促進する


コンテストの目的は、地域の伝統にインスパイアされた、象徴的で環境に優しい構造の中に「女性の家」を作ることです。協会と社会のメンバーが顔を合わせ、平等と人権のトピックについて話し合うことができる空間で、地域の社会的、経済的、政治的発展に有利な女性コミュニティの関わりと解放を保証します。 実際、ジェンダー平等は、基本的人権であるだけでなく、世界の繁栄の必要条件でもあります。誰もが確実に教育、医療、雇用に平等にアクセスでき、意思決定プロセスに参加することで、社会と人類全体に利益をもたらす持続可能な経済を促進します。 今日、サハラ以南のアフリカ、オセアニア、西アジアでは、財政的、政治的、文化的問題により、若い女子が小中学校に通うことができないことがよくあります。北アフリカで、女性は、非農業部門の有給の仕事の5分の1未満しか占めておらず、女性が議会の議席の30%以上を占めているのは、たった46か国しかありません。 正確に言うと、ジェンダーの平等が、新世代の未来にとって極めて重要で、国連による「持続可能な開発目標」の5番に掲げられており、その目的は、あらゆる形態の差別や暴力を排除し、あらゆるジェンダーの権利を保護し、社会保護サービスを提供して、全てのレベルでの意思決定における女性の参加を保証します。 したがって、この問題を推進し、女性の権利を保護するため、コンテストのテーマは「女性の家」で、これは、周囲の環境や文化的背景と統合し、ジェンダー平等の価値を促進する場所で、地域社会と共に自分達で建設できる、生態学的で持続可能な建築の観点から、ジェンダー平等を再解釈します 。

プロジェクト

「女性の家」の目的は、差別の形態を減らし、ジェンダー平等を強化、促進し、意識と知識を生み出し、社会のあらゆる部分による関与を刺激するのに役立つ可能性のある会議、セミナー、研究室、その他の活動を主催することです。プロジェクトは、対象のコミュニティーと共に自分達で建設し、以下のような特定の構築基準を満たす必要があります. 構造は、設計者の概念により、互いに独立または接続するように設計された特定の領域の以下のアクティビティに対応する必要があります。

自分達で建設できるよう持続可能な技術を用いて簡単に建築でき

大型車両や複雑な機械の使用を必要としない。

地域で利用可能な天然資源および/またはリサイクル材料を利用し

材料の輸送によって引き起こされる環境的および経済的影響を制限し、地域の中で収入を生み出す。

その伝統を再解釈

尊重することで、その地域の社会文化的な背景に統合される。

管理および編成

構造には、活動の管理および編成が可能な管理空間が必要になります。

会話

プロジェクトの目的の1つは、地域の機関、協会の間のコミュニケーションを促進することです。

集団での活動

プロジェクトの基本的な目的は、意識向上のための活動、セミナー、ラボ、展示会の開催を通じ、ジェンダー平等と人権を促進することです。

コンテストの詳細は、ウェブサイトの「ダウンロード」セクションから、複数の言語でダウンロードできます。また、ジェンダー平等についての詳しい文書もダウンロードできます。
参加者には、プロジェクトの開発に必要な追加の資料が(登録後に)送信されます。 - 主要な材料のデータシート、価格、画像および特性。 - バゲーレ村と渓谷の地図。 - タナフ渓谷の概観。 - バゲーレ村とタナフ渓谷の画像。 - CADと建設現場の写真。 - 設計のレイアウト。


賞金+隈研吾でのインターンシップ+建設+全国モデルでの採用

一等賞

5.000€
建設
隈研吾でのインターンシップ
国家モデルプロジェクトとしての大臣の採用
UnWomenとアフリカ連合との共有
展示会とイベント
公式の本や雑誌での出版
証明書

2等賞

1.000€
Miralles Tagliabue EMBT でのインターンシップ
パートナーとの共有
展示会とイベント
公式の本や雑誌での出版
証明書

3等

500€
SBGAでのインターンシップ
パートナーとの共有
展示会とイベント
公式の本や雑誌での出版
証明書

2つの佳作

隈研吾&組織が選んだ

100€
パートナーとの共有
展示会とイベント
本の出版
証明書

5つの特別な言及

パートナーとの共有
展示会とイベント
本の出版
証明書

20人のファイナリスト
20人のトップ50

パートナーとの共有
展示会とイベント
本の出版
証明書
r>

受賞したすべてのプロジェクトは、コンテストの公式ブック、受賞プロジェクトの公式ウェブサイト、コンテストのソーシャルネットワークで公開されます。 すべてのプロジェクトは、すべてのメディアパートナー、国際的な建築ウェブサイト、雑誌に送信されます。 すべてのプロジェクトは、国際、国内、地元の機関や協会と共有されます。 受賞プロジェクトの版画、イベント、展示会。

プロジェクトの概要

国および地域の状況
プロジェクトは、モーリタニア、マリ、ガンビア、ギニアに隣接する、大西洋岸の北西アフリカの国、セネガル南部で行われます。この国の人口は1600万人で、主に首都ダカールに集中しています。ガンビアの南にある南部地域は、カザマンス川があることからカザマンスと呼ばれ、次の3つの行政区域に分かれています。ジガンショール、セデュー、コルダで、合計150万人の住民が住んでいます。プロジェクトが行われる中央地域は、セデューです。2008年に作られたこの地域は、国内で最も開発が進んでいない地域の1つで、平均都市化率は10%、貧困率は92%です。この地域の主な産業は農業で、それぞれの村の人口は平均1500人です。セデューの中心地には、約20万人の人が住んでいます。

バゲーレ
「女性の家」は、北はバルマドゥーの森、南はギニアビサウ、東はニアンガの町に隣接する、南/北西部はディウドゥブ、シンバンディ自治体に隣接するバゲーレ自治体に建設されます。バゲーレ村は、この地域の平和と繁栄の促進に永続的な貢献をした、有名なマラブーYounouss AÏDARAの墓があり、精神宗教的な位置付けです。 地形学的な観点から、地形は、主に粘土砂です。カザマンス川の支流に沿って小さなラテライトの岩の露頭と小さな粘土質の渓谷によって形成された含鉄熱帯高原があり、わずかな傾斜があり、稲作に適しています。

アフリカの女性の家を設計するプロジェクトサイト
アフリカの女性の家を設計するプロジェクトサイト
アフリカの女性の家を設計するプロジェクトサイト

ジェンダー平等

このコンテストは、人権の基本法に基づき、ジェンダー平等、女性解放、国連、アフリカ連合などの国際機関の宣言と条約に焦点を当てています。 以下は、これらの基本的なツールの例を示しています(参加者が利用できるようになっています)。

- 女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約。
- ジェンダー平等を促進するためのジェンダー主流化戦略。
- アフリカにおける人権と人民の権利および女性の権利に関するアフリカ憲章の議定書。
- アフリカにおけるジェンダー平等に関する宣言。
- 世界人権宣言。

これらの宣言、条約によると、「ジェンダー」とは、男性または女性であることに関連する社会的属性と機会、男性と女性の間および少年と少女の間の関係を意味します。これらの属性、機会および関係は社会的構成概念であり、社会化のプロセスを通じて学びます。ジェンダーは、特定の状況で、男性または女性に期待され、許可され、評価されるものを決定します。多くの社会で、割り当てられた責任、雇用の種類、リソースへのアクセスと管理および意思決定の機会に関して、男性と女性の間に違いと不平等が存在します。社会文化的分析のその他の重要な基準には、階級、人種、貧困レベル、民族、年齢などがあります。 一方、男女平等(ジェンダー平等)とは、平等な権利、責任、機会を持つことを指します。平等とは、男性と女性が同じであることを意味するのではなく、それぞれの権利、責任、機会が、男性または女性として生まれたという事実に左右されないことを意味します。ジェンダー平等とは、さまざまなグループの多様性を認識しながら、男性と女性の両方の関心、ニーズ、優先順位が考慮されることを意味します。したがって、ジェンダー平等は、女性だけの問題ではなく、女性と同じように男性に完全に関心を持ち、関与させるべき問題です。平等は、人権問題であると同時に、国際人権を遵守する人々に焦点を当てた、持続可能な開発の指標でもあります。

世界男女格差
特定の状況や部門におけるジェンダー間の不平等/平等を評価するための基本的なパラメーターの1つは、人口の加重平均に基づく指標である「ジェンダーギャップ」です。2020年の世界男女格差指数は、68.6%でした。これは、平均して、世界的なジェンダー平等を達成するためのに埋められるべきギャップが、現在、31.4%であることを意味します。指数が100%の時、男性と女性が完全に平等であることを示します。 過去数年間で、149か国の内、101か国が指数を改善し、48か国の指数が変わっていないか減少しています。残念ながら、現時点で、ジェンダー平等を達成している国はありません。アイスランドは82%の指数で最高の結果を達成しました。 世界の「トップ10」には、北ヨーロッパの4か国(1位アイスランド、2位ノルウェー、3位フィンランド、4位スウェーデン)、中南米1か国(5位ニカラグア)、太平洋地域の東アジア1か国(6位ニュージーランド)が含まれ、あとは、西ヨーロッパの他の3か国(7位アイルランド、8位スペイン、10位ドイツ)およびサハラ以南のアフリカの1か国(9位ルワンダ)でした。 これまで、サハラ以南のアフリカはそのジェンダー格差の68%を埋めてきました。この結果は、前年と比較して大幅な進歩を示しており、現在95年と推定されている男女格差を埋めるために必要な年数が減少しました。大陸の33か国のうち、21か国が指数を改善し、12か国が前年と比較して低下しました。最も進歩したのはエチオピアで、1年間で格差を約5%縮小し、現在、全体の男女格差の70.5%を埋めています。教育の平等を達成したのは3か国だけでした。ボツワナ、レソト、ナミビアです。健康と生存において、ジェンダー平等はほとんどの国で比較的進んでいますが、多くの国で、男性、女性共に平均余命は依然として低いままです。 サハラ以南のアフリカのほとんどの国で、女性の労働参加が比較的高い割合を占めています。ブルンジ、ギニア、ルワンダ、シエラレオネでは、少なくとも労働市場に男性と同数の女性がおり、生産性が最も低い国であるセネガルでは、女性の少なくとも36%が労働市場にいます。 政治的エンパワーメントに関しては、ルワンダ(議会が50%の女性で構成されている唯一の国)を除き、21か国において、女性が占める議会の議席は、20%から30%しかありません。ナイジェリアでは、女性の国会議員はわずか3.4%です。同様に、15か国で、女性が大臣職に就いているのはわずか8%~18%です。ルワンダ、南アフリカ、エチオピアは、重要な優れた例外で、国会議員の48%以上が女性です。 このコンテストの焦点となっている国であるセネガルは、総合指数が68%で、世界で99位にランクされています。 政治と意思決定の機会の平等は33%と非常に低い指数ですが、サハラ以南の国々の平均の範囲内で、経済的機会は一般に55%です。

アフリカの男女平等を促進するためのデザインコンペ
アフリカの男女平等を促進するためのデザインコンペ
アフリカの男女平等を促進するためのデザインコンペ

UN Womenのこれらの短い動画で、ジェンダー平等が人類の基本的な目標である理由をご覧ください





ジェンダー平等と女性の権利のパートナー


African Union WGDD The Women, Gender and Development Directorate
Un Women
Ministere de femme du Senegal

アフリカの男女共同参画に関するインタビューと証言


コンテストに参加する

コンテストに登録して、アーキテクチャを設計します